スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひげたつ農園へお手伝い!

5月28日
いつもお世話になっている「バジルクラブ」の鈴木さんの「ひげたつ農園」へ、田植えのお手伝いにいってきました。

「ひげたつ農園」とは、鈴木さんご家族が無農薬・無化学肥料で一所懸命つくられた元気なお米や野菜たちを会員のみなさまに直売する有機農家さんです。

「玄ノ里」は山の上なのでまだ田んぼを持っていません。
来年には何とか手作りで水田をつくる予定でいるのですが…。

そんな事情から「玄ノ里」の玄米や餅つきの玄米餅はいつも鈴木さんのお米をいただいています。

とっても美味しいお米です!

当日は、玄ノ里用の餅米の田んぼと、その他1ケ所のお手伝いをしました。

ゆぎぃとふみぃとなおみぃとポンもお手伝い。


20090616165111
     20090616165108
     20090616165105



裸足で田んぼに入り、畦の草刈りをし、いい大人がここまで騒げるの?
というくらい大騒ぎ!

ウチは何処へ行っても騒ぐだけ騒ぐうるさい集団で…

鈴木さんゴメンナサイ!

来月は草刈りに参上します!!



20090616165101




スポンサーサイト

ななの子供の頃

20090603222015



20090603222012



20090603222001



20090603221953



20090603221949



こんな小さかったなながもうじき2度目の出産です。

なな がんばれ!!

新入り

今年3月、里に新しい仲間がやってきました。

名前は「ポチ」。

ゴールデンレトリバーの雄。
来たときは生後8ケ月でした。


当初、里には6頭の犬の警備隊がいて

「もう、これ以上犬は…」

と、言っていた矢先、いつも私たちが大変お世話になっている方からポチのお話をいただきました。

聞けば、飼い主さんに事情がありポチを手放さなければならなくなってしまったようで…

でも、これ以上犬は…といっていたところだし…

大型犬だし…

どうしよう…

でも、ポチの現状を聞くと、とてもかわいそうな毎日のようだし………。


「それじゃ私たちの方で里親探しをしながら、見つかるまでここでお世話しよう」という事になりました。


そんなこんなで数日後、東京から遥々「玄ノ里」へポチがやってきました。

車を降りた途端、狂ったようにはしゃぎまわって…。

私たちも大型犬ははじめての経験。

その力の強さに驚きました。

今、里にいる犬たちは中型犬ばかりなので力のことはあまり考えず繋いだり、放したりしていましたが、この犬はそうはいかない…。

「一頭だけならいいけど、里にはたくさんの仲間がいるから、こいつだけ見てるわけにいかないし…。」

「きかん坊だったらどうしよう…。」

「大丈夫かなぁ…。」

そんな不安を持ちながらポチとの生活が始まりました。

そして…案の定…
「あばれん坊将軍」!

まだ8ケ月だし、子供だから…

にしても、それじゃすまないくらいの力強さ。

里の警備隊も、体の小さい子犬ならじゃれ合うけど、自分達より体の大きい子犬にはかなり警戒…

ポチは無邪気に遊ぼうと近寄るけれど、警備隊はみんな牙を出し「ウゥ~ッ」

ポチは
「どうして…」
「なんで…」
って感じで……

でも「まぁいっか!」

とあまり気にしない様子。

ご飯をあげにいくと狂ったように暴れ回りお椀に盛るのに一苦労…

散歩にいけば、自分の行きたい方向にグイグイ引っ張り、あげくの果てには人のまわりをぐるぐる回り足をがんじがらめに…
身動きとれずにバタッ…

「いったいお前は何がしたいんだ…!」

そんなこんなで数日が過ぎ…

「このままじゃとても面倒見切れない!」

「早いところ里親探しをしなければ…」

そしてポチにもその旨をしっかり話しました。

その翌日。

早速、知人に連絡をとったり、地元紙に載せようと段取りしたり…

すると、ポチの様子がいつもと違うような…

ご飯をあげにいってもはしゃぎまわったりはするけれど、飛び付いてきたり、茶碗をひっくり返したりしない…

散歩に行っても、グイグイ引っ張るけれど、「ポチッ!」っていうと、おとなしく横を歩く…

「あれっ?」

「何だか…
いい子になってる…」

「もしかして…
お前、ここにいたいのか?」

「でも、ここでは犬は犬としてしか見ないぞ」

「世間様のように服着せて着飾ったり、そんな事しないぞ。何のために何種類もの毛に覆われているのか、お前はわかってるだろ。だからそんな事はしない。」

「ここではシャンプーしたりなんかしないぞ」

「犬は犬の、自分の臭いがあるから安心するんだ。そんな免疫力を下げるようなバカな事はしないぞ。
それに、シャンプーしなきゃならないほどお前たちが臭いのは、臭くなるものを食ってるからだ。
だから臭くなる。
人間だって同じだ。臭い奴は臭くなるもの食ってるから臭くなるんだ。
それなのに毎日必死に香水ふりまいて、薬品だらけのシャンプーしてニオイプンプンさせて…
本末転倒だ。だからしないぞ!」

「家の中になんか入れないぞ。
犬は本来外にいるもんだ。
雨の日も、風の日も、雪の日も、いつも外だ。だから入れないぞ。」

「犬は犬だぞ」

「雑種だろうと血統だろうと関係ねぇぞ」

「犬は犬だぞ」

「その辺で売ってるおいしそうなドッグフードなんてやらねぇぞ。
そんなもん食ってるから病気になるし、長生きできねぇんだ」

「人間はな、何でも人間のものさしでしか物を考えない。
そして、本来あるべき姿なんか全く無視。
何でもすぐ商売にするから犬も人間と同じように病気になるし、お犬様のようにわがままになるんだ。
まるでおもちゃだ。
だからここではそんな扱いはしないぞ。」

「それにお前たちにはきちんとした役割がある。
それを全うしなければ飯だってないぞ」

「それでもいいならここで一緒に暮らすか。」

それからというもの、ポチはすっかりいい子になり、頭の良さを発揮して、里の警備隊の見習い隊員になりました。

今では里の裏手を任されて、見習いなりに任務に励んでいます。

すっかり里の住人(住犬?)になりました。

これからも一緒にがんばろうな!ポチ!


20090603210842



因みに、里の警備隊の中では一番小さく、一番下っ端だった豆柴のリキに「ウーッ」と言われ、一番でかいポチは「クーンクーン」といいながら小屋の中に逃げていきます。

ポチはリキの3倍くらい大きいのに…

今の日本と違い、犬社会にはまだまだしっかり礼儀や節度や規則があるんだなぁと感じました。

でも、見てると笑っちゃいます。

警備隊仮設基地へ引越

今、「玄ノ里」にはヤギの草刈職人が7頭います。

このたび今までいたヤギ広場から、さらに広い広場へ引越する事になりました。

今度の広場にはヤギが遊べる遊具が…
といってもただ橋を渡しただけですが…

でも、今までよりは格段に環境はよくなります。

その引越先は、元々里の警備隊の基地だったところなので、当然警備隊基地も引越に…

警備隊基地も今度はとても広いところで放される予定です!!

でも、まだ整備がされていないので、こんな感じで仮設基地へ…

何だかアパートみたいな…


20090524143807
   20090524143804


ひとまずここで我慢してくれ!


警備隊長任務に就く!

20090524141208



新しく開拓した里の農園。

早速何者かの襲撃を受けました!

開拓し、種を植え、苗を植え、よーし!!

あとは豊作を祈るばかり!

と、翌日畑を見に行ったら…、

あちらこちらに奇妙な穴が掘られていて…

幸い苗は無事でしたが…

さすが、野生の連中は目敏い!!

と、言うわけで早速秘密兵器第二弾!!

里の警備隊投入!!

まずは警備隊長の育が任務にあたる事になりました。

20メートルの幅にロープを渡し、そこに鎖で繋いで、端から端までシャー、シャーっと走りまわれる状態に。

でも、警備隊の基地から離れ一人転勤に…何だか寂しそうな…

と、思いきや…狂ったように走りまわり単身赴任を謳歌しているようでした。

あまりのはしゃぎように上の畑にまで登り、暴れまわる始末。

危なく植えたばかりの苗がやられそうに…

まったくおまえは何しにきたんだ!!

結局繋ぐ場所を変更し一件落着!

早速、その日の夜から活躍していました!!

頼むぞ育!!

因みに、「育」は豆柴の雌です!!

そろそろ七の出産です!!

20090524140423


ミニブタの七(なな)がもうすぐ出産です!

前回は、まだ身体が小さかったにもかかわらず妊娠してしまって、もの凄い難産でした…。
本当に凄かった…

「このままでは母体が危険…」

獣医さんにも、ミニブタを長年飼っている飼育係の人にも「もうダメだ」といわれた七。

しかし、そこは「玄ノ里」の住人(住トン)持てるだけ、ありったけのエネルギーを絞り出し、不屈の精神で見事に蘇りました!!

正直、あの時は私たちもダメかと思いました…。

やっぱり動物たちは凄い!!

凄すぎる!!

因みに七たちは毎日かまど炊き玄米ご飯を食べています!!

今回は、何事もなく無事出産できますように…。


20090524140420

里の農園 新開拓!!

里の農園 新開拓!!

昨年はいろいろな事情があり、急遽畑を開墾!
とりあえず植えられるものを植えて…という感じでつくった畑。

急斜面でガチガチの粘土質。
肥料もほとんど入れないで。
そのうえ陽が当たらないという、畑としてはありえない致命的な欠点をもちながら、

雑草にじわじわとり囲まれて…

ヤギの奇襲を受け…

たくさんの虫くんたちにも提供しながら…

それでも昨年は食べきれないほどたくさんの作物を提供してくれました。

そして今年は、「せめて陽の当たるとこにつくろう」ということで、新たに開墾。

素晴らしい畑が誕生しました。

ゆぎぃ、なおみぃ、トヨちゃん
本当にありがとうございました!!

でもまだまだこれから、毎日ダラダラ汗を流しながら、玄米いっぱい食べて、余分についている肉を落として、お肌つやつや、パワフルなスマートレディーに!!
(因みにみなさん太っている訳ではありません。)
(トヨちゃんは男性です。)


20090520061618
  20090520061615



鬱蒼と茂りまくっている雑草を刈るのは一苦労…。

しかし、里には強ぉーい味方がいるのです!

秘密兵器「里の草苅職人」の登場です!

早速、任務開始!

20090520061612
  20090520061609


人間と違いサボる奴は一人もいません!

素晴らしい職人達です!



当たり前ですが、雑草はその土に自生できるものだけが芽を出します。

見方を変えれば、その土に必要なものたちが芽を出す。

大自然は確実に「理」に「則り」その姿を顕す。

その姿を素直に感じ、そしてそれに素直に従い、感謝を忘れなければ、大自然は私たちが困らない程度に、確実に養ってくれます。

しかし、時代の流れの中で、いつしかこの「農」という「人」の「生活」の一部が「業」になり、さらに「ビジネス」になってしまった。

もちろんそれが悪いとは言いません。

しかし、そのビジネスラインに完全に乗ってしまった「農業」は慣行農法はもとより、有機農法までもがどこか違った方向に行ってしまったような…。

…農法、…菌、…酵素。

自然の「理」に耳を傾け、それを頭でなく心と身体で感じる。

この一番大切な事を…

言葉としてはいつも出て来るけれど…

言ってる事とやってる事に少しづつ矛盾が生じてきて、それに気づかないでいる…

農薬や化学肥料でなければ、

有機物さえ施肥していれば、
…菌を使った、…酵素を使った微生物、酵素農法をやっていれば…

有機農法という安全性の高い、健康的な作物として通ってしまう。

そして、少しでも付加価値をつけ、少しでも高く売るために…。

それが成り立つなら、それはそれでいいのだと思います。

でも…。

数年前から「玄ノ里」にも、有機農法に切り替えて5年経ちますが…10年経ちますが…15年経ちますが…
という農業従事者の方々がよく訪れるようになりました。

みなさん、いろいろと悩まれているようで…

「最近上手くいかなくなってきた…」

「このままでいいのだろうか…」

何かが違う…」


現在の慣行農法はもちろん、有機農法であっても発想は医学同様、西洋的発想のような気がします。

大自然の「理」に「則り」携わること。
を、取り違えているような…。

ある農学博士の言葉に、

「農法とは、土との取り組みにおける人の在り方の理念である。
人の欲望を土に向けて放ち、そこに越えようのない則を悟ることによって、人の存在の永劫を得ようとする。
そこには概念としての技術は存在しない。」

私はこれが真理だと感じています。

そして、里の農園もこれに則り、
自然を感じ、
素直に、
感謝を忘れず、
取り組んでいこうと思っています。


今年の畑は、日当たり最高!

と言いたいところですが
午後2時を過ぎるとほとんど日蔭になってしまいます。

山の斜面のつらいところです…。

でも、きっとまた沢山の作物を授けてくれると思います!

そしてまだまだ畑は拡がります!

今、たんぼも開拓して新たにつくろうと考えています。

だから今、百姓を手伝ってくれる方、中心になってやってくれる方を募っています。
詳細は、「里の助っ人大募集」をご覧下さい。

一緒に顔晴りましょう!!

ランチ付きマクロビオティックスイーツバイキング 中止のお知らせ

今月のイベント
~ランチ付き マクロビオティックスイーツバイキング~
ですが、大変申し訳ありません。
都合により中止させていただくことになりました。

現時点で20名を越えるご予約をいただいておりましたが、どうしても開催する事ができない事情ができてしまいました。

ご予約いただいたみなさま、ご予定いただいていたみなさま、大変申し訳ありません。

また、日を改めて開催したいと思っておりますので、どうかお許しいただけますようお願い申し上げます。

イベント開催は、また「玄ノ里だより」及び「玄ノ里HP」にてお知らせ致します。

本当に申し訳ありませんでした。
今後共「玄ノ里」をどうぞ宜しくお願い申し上げます。
プロフィール

玄ノ里

Author:玄ノ里
『玄ノ里』
・マクロビオティックの宿
・マクロビオティック体験宿泊
・マクロビオティック料理教室
・田舎暮らし体験宿泊

http://www.gennosato.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。