スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『gen』店長 マサが行く!!(1)

お蔭様で「gen」には毎日、毎日、お客様が足を運んで下さいます。

全く宣伝広告をしていませんでしたが、最近は少しづつ取材を受けるようになりました。(無料のお店紹介ばかりですが...。)

それでも、「何なにを見た」といっては訪れていただける方々もチラホラ。
本当にありがたい限りです。


そんなマクロビオティックキッチン「gen」で店長として毎日、朝から晩まで厨房に立ち続ける男「マサ」。

マサの事は以前も「餅つき」で何度か紹介しました。

マサは今年26歳になります。
今まで沢山の若者を見てきましたが、本当に稀に見る好青年です。

「玄ノ里」に初めて来てから今まで、どんな事に対しても、「できる」「できない」にかかわらず、とにかく取り組む姿勢が素晴らしい!

今も「gen」の厨房で、毎日、毎日、『精魂込めて』料理をしています。


「gen」は食事を提供する場。
いわゆる外食産業に当てはまります。

『人は食べたものからつくられる』
従って、「外食」とは、例え一時的であっても他人に『命』を預けること。

『gen』はここを訪れていただくお客様の身体はもちろんのこと、それ以上に『命を預かる』『命をつくる』ことが『gen』の本分であり、『志事』です。

今、マサは店長としてその『志事』に自らも、決して大袈裟ではなく『人生を賭して』『命懸け』で取り組んでいます。

マサが毎日必ずやることは、かまどで玄米炊きと、味噌汁づくり。
一番の基本で、大切な二品。

お蔭様でご飯も味噌汁も大好評です。


お客様
「うわぁ~このお味噌汁おいしい~」


店長マサ
「ありがとうございます。
命懸けてますから...!」


つづく。
スポンサーサイト

きっちんgenマクロビオティックオープンです!!

20100409195036


平成22年4月8日11:00。
きっちんgenマクロビオティック
「堂々」といいたいところですが、未完成な部分、取り決めが間に合わなかった部分、色々ありありのまま、何とかというか無理矢理オープンしました!!

前日は、というよりオープン直前までみんな必至に顔晴って...疲れ果てていると思うけど、手を抜かず、気を抜かず素晴らしく行動してくれています。

今日はお天気もよく、暖かく、これはまさに「gen」でのお食事日和(?)。

オープンと同時に沢山の方々にお越しいただきました!

ありがとうございました。


「gen」は外食をするお店です。「人は食べた物からつくられる。」
外食とは、一時的であっても他人に『命』を預けること。
この表現は決して大袈裟ではないと思います。

「gen」はご来店いただくすべての方の『お命』を

『責任を持って』

お預かり致します。

『必活!志事人』

「gen」での食事は、あなたの体の生きている細胞たちを、

『必ず蘇生させ活かす』

私たちはそれを『志(こころざし)』た人間の集まりです。


「玄ノ里じゃ収入にならないから街へ下りてきた。」

「玄ノ里は儲かってるようで店を出すらしい」

巷では色々な噂が流れているようです。


前者は近からず遠からず。

私たちだけなら細々とながらですが何とかやっていけます。

でも、現代に疑問や矛盾を抱え、「このままではいけない!」と、何とか環境を変えたいと思っているエネルギッシュな20代。

そのエネルギッシュさに、落ち着きを加え、冷静に進む道を模索している30代。

まだまだこれからがスタートだ。と世の中を変えようと大それたことを実行しようとしている40代。

「玄ノ里」には色々な連中が来る。
そして、それぞれは当然な事ながら、どこかで僅かでも収入を得ていかなければならない。

みんな「玄ノ里」で、汗まみれ、泥まみれ、雨に打たれたり、風にゆくてを遮られたり、時には雪に埋もれたり。
苛酷な環境の中で、一所懸命働いています。

でも、ずっとそうしてはいられない。
やはり、どこかで経済力を確保しなければ...。

そう言って帰っていく姿。
そう言って定期的にバイトにいく姿を見ていると、何とも言えない気持ちになりました。

みんな、環境を変えようにも、中途半端な事はしたくない。

当然、「そうは言っても(症候群)」のような、お金中心で人生を組み立てる生き方はしたくない。

かといって、
単に、「農的な暮らし」とか、単に「自然環境」とか、
単に「徒党を組んで偽善活動」とか、
そんな「お花畑で、お手てつないで仲良しこよし」的なことをやってる場合じゃない。

そう思っている。

そう感じている。


ならば、みんなが力一杯活躍できる場を...。
そして、矛盾のない経済効果を生める場を...。

と、いうことで一大発起したのが、

きっちんgenマクロビオティックなのです。

彼等は最低限、自分が生活できる分の経済力が確保できればいいと考えている。
これからは、世の中はどんどん変化していく。
そういう人たちがどんどん増えてくる。

だったら片っ端からそういう人たちと、『本気の本気』で求めている人たちと手をつなぎ、肩を組もうと「gen」は生まれました。


だから、後者は.............。

玄ノ里の施設はボロいですが、あれだけの食材と、調味料と、手間と、ボリュームを考えたら、一泊3500円でどうやれば『お金が儲かる』のでしょうか???



「gen」は廃材を利用してすべて手作り。
普通お店を出すとなると、それなりの資金が必要になりますが、そこは貧乏人の底力!
貧乏的発想と体力と経験とちょっとの知恵と、あとは『やる気』のみ!

技術や知識なんて、『後からついてきやがれ!』くらいなもんです。

だから、誰にでもできる。

ただし、『本気のやる気』がなければ、それ以外のものがそろっていたとしても多分駄目です。


何もない私たちだけれど「gen」は確実に、間違いなく、今日誕生しました。


商売よりも、お客様は神様です!的な拝金主義ではなく、つくる側も、食べる側も、志を持ち、みんなで、この『gen』を盛り上げていかれたら.....そう思っています!!



「gen」オープン前夜

20100409181219
「いよいよ」というか「とうとう」というか「えーーーっ」というか、明日「マクロビオティックキッチンgen」がオープンします。

一ヶ月とちょっと。
みんな、ほとんど休みなしで毎日毎日夜遅くまで店づくりに励みました。

お蔭で何とか明日オープンを迎えられそうです。

一人でも多くの方に、

理屈だけじゃない、

中身のないファッションでもない、

本当の「マクロビオティック」、

本当の「穀物菜食」、

本当の「人を良くする食」、

「マクロビオティックとは生き方である」
を、私たちの生き様を通して伝えていきます。

みんな夜中までお疲れ様!

明日から顔晴るぞぉ~!!
プロフィール

玄ノ里

Author:玄ノ里
『玄ノ里』
・マクロビオティックの宿
・マクロビオティック体験宿泊
・マクロビオティック料理教室
・田舎暮らし体験宿泊

http://www.gennosato.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。