スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うーの日記 その5

嘘みたいな排毒。



玄米菜食をきちんとやりだすと、人によって差は あれ起きてくるのが「排毒」と いう不快な現象。デトックスって言葉のほうが知られてるかも。



この排毒…

本当にでる。
あたしもまさかね~って思うこととか笑ってしまうようなことまで様々な形でやってくる。
頭痛、眠気、吐き気、倦怠感とかならまだ分かるけど、例えばお肉の排毒…





怖い夢を見る。




本当に!!!




分かりやすく牛とか豚とか鳥を殺しちゃう夢の人もいるし、
あたしの場合は大事な人を殺しちゃう夢だった。

玄米菜食を始めて1ヶ月くらいたったころ毎日怖い夢を見てうなされて目を覚ます時期
があった。



それを美穂さんに話したら
「お肉の排毒だよ」と。

な~るほど!ならいっか(>_<)


とはならない。まさかねぇ、。って思った。


でもよく考えたら起こり得る話。だって食用の為に飼われてる動物さんたちの扱いとか殺されかた、本当に酷いから。
安くあたしたちに提供しようとすればするほど動物さんたちは酷いことされる。餌もカタカナばっかの意味の分からないもの食べてぶくぶくに太らされて。
それを私達は食べてるってこと、知ってほしい。食べるな!とは思わないけど知らないのは罪。
あたしもたくさん食べていたけど、自分が口にするものがどういうものか知ることは大事だと思う。



しばらくして夢は見なくなったけどgenに来てくれるお客さんからも同じ話をされたこともあるから本当に排毒なんだと思うな。


今日の写真は「なつ」

genの畑を手伝っているときお世話になったの。かわい。やぎは平和でのんびり。
やぎにも排毒あるのかな。


natsu


スポンサーサイト

うーの日記 その4

今日はあたしが食養スタッフとして働きたいと思った理由について。


それは、


最高の玄米ご飯だから。


genより美味しい玄米食べたことない。

匂いもかたさも全部最高。本当に本当に最高に美味しいの!世界一美味しいと思ってる。
おこげなんてできた日にはもうよだれもの。
玄米ご飯苦手だと思ってる人、とりあえずgenの玄米ご飯食べてみて。竈で炊いた玄米は甘くてコクがあってきっとびっくりするから。


あともう1つ。


genの人達の人柄。
まずパワフル。超体育会系です。朝から晩まで働いてたまの休みは仕込み。仕込みが少ないかと思ったら全力で遊びまくる。

マクロビオティックって言うとセレブがやってるとかそういうロハスとかお洒落なイメージを持たれる。それがすごく嫌でマクロビオティックやってます。って言わないようにしてた。お店も綺麗でいかにも


「お野菜大好き!」

って人ばっか。
お野菜大好き!な自分が大好きなんでしょ。それ、本当に美味しいと思ってるの?野菜の甘み全然引き出されてないよ。玄米、炊飯器くさいよ。
でも、あたしもgenに来るまでは頭では嫌だなって思いつつも、圧力鍋の玄米で満足していたし、お洒落な自分好きだったんだなって思う。



genはお洒落…ではないと思う。多分みんながイメージするマクロビオティックのお店とはだいぶ違う…

どーんと囲炉裏、奥には毎日使う現役の竈。どっちかというと定食屋さん。だからgenの常連さんは男の人のが多い笑、、、。
他のマクロビオティックのお店じゃ考えられないもんね。

でも分かるよ。常連さん、
あたしもgenの雰囲気好き。
とにかく落ち着く。

話がだいぶそれちゃったけれど
あと少しだけ。



厳しく優しい。



優しいだけじゃなく厳しい。これは簡単そうで難しい。優しいだけならいっぱいいる。

「大丈夫?」


口で言うのは簡単。それはただ優しいふりしているだけ。人に嫌われたくないからいい人ぶってるだけ。
genではだめなことはだめ!ってはっきり言われる。
人を叱るのって本当に大変だと思う。もしかしたら余計なお世話って思われるかもしれないし、相手に嫌われるかもしれない。

だからみんな当たり障りのない会話して、自分の話をはなすタイミングを伺ってる。きっと人の話は半分なんだろな。

genは全力であたしと向き合ってくれた。
最初は何で見ず知らずのあたしにこんなにしてくれるんだろう。食養スタッフとは言え、朝の仕込みは寝過ごす。
食事は一日五時間食べてる。よってほぼ一日食べてる。
体調悪くなれば一日寝込む。
更に過食症だからお店のものたべられてしまうリスクあり。

普通に考えたら嫌です。

でも、





「うーが本気で頑張ってるからだよ。私達はなんにもしてない。うーが頑張ってるだけ」


かずさん、みほさん、そんなことないです。あたしはgenだから頑張れました。genのみんなに支えられたから、夜も寝れるようになったし、普通にご飯食べれるようになったんです。

完治まではまだまだですが顔晴って摂食障害治します。
自分で作った病気なんだから必ず治ることを信じて。

うーの日記 その3







こんにちは。食養スタッフとしてgenで働いていたうーです。



先月にgenを出て地元に戻り生活を始めました。そのため日記を更新出来ずもう1ヶ月以上たってしまいました。


日が経つのは本当に早いなー。



genを離れることは凄く不安でした。
また過食嘔吐の日々に戻らないか。
前より悪化するのではないか。
自分で玄米菜食を実践できるのか。
ひとりで食の誘惑に勝てるのか。
と不安はたくさん。

genで生活してたからこそ、最高の食事と規則正しい生活が出来ていたのは間違いないから。
でも、


やってみなくちゃ分からないや。


思ったら行動しなきゃ気が済まない性格
。とりあえず帰ってみることにしました。
だめならまたgenに帰ります。
そしたら笑って迎えてください。

これからは自分で玄米菜食を実践することで感じたこと、気付いたことも書いていきたいと思います。
もちろん、genでの生活のことも混ぜ込みながら!


写真はgenの里での初日の出です。
1日ではないけれど。

日の出に向かって




絶対治す。




って誓ったから。治すよ。

こんなに綺麗な日の出見れたしね(^-^)

『野菜嫌い』だった私の変化

こんにちは!

かよこです。


今回は『野菜嫌い』について。



日月もgenもマクロビオティックのお店なので、


『穀物菜食』


が、当たり前です。



お野菜をいっぱい食べるわけです。



しかし、元々私は大の野菜嫌いでした。


子供の頃食べられた野菜は


『さつまいも』
『じゃがいも』
『キャベツ』


の三種類のみ。



保育園の給食はほぼ食べられず、
白いご飯をつめたお弁当箱に、そっと色々なおかずを詰めては持って帰っておりました(笑)



この野菜嫌いは大人になってからもほぼ変わらず、
私の料理のレパートリーに旦那さんを何度も泣かせてましたね。


なんちゃってベジタリアンのような生活を四年ぐらい前からはじめだして、少しずつですが食べられる野菜は増えました。



でも、本当の野菜の美味しさに気づいたのはgenでの食事療法がはじまりでした。



『一口百回噛む』



これにつきます。


美味しいもの、美味しくないものがはっきり口の中で分かります。


玄米の甘味…、



野菜のうまみ…。



噛むことと噛まないことがこんなに違うとは本当に知らなかった!

という衝撃があったんです。


一度、麻婆茄子を食べて泣いたことがあるぐらいの変化でした。



めちゃくちゃ苦手だった椎茸も今はすっごく美味しいと感じるし、
ネギも以前は見ただけで震えがくるぐらい嫌いでしたが、食べられるようになりました。


もちろん、野菜のうまみが最大限感じられるマクロビオティックの料理があってこそですが、まだまだそこを語ることは出来ない私です(; ̄ー ̄A



野菜、美味しいです!


玄米、美味しいです!


毎日、美味しいご飯で幸せです!


美味しいご飯があるから明日も頑張れます(*´∇`*)

『変化した私』とカフェ日月

こんにちは!

genの元食養スタッフのかよこです。


そして現在は


キッチンgenの二号店!へ

『小さなカフェ 日月 マクロビオティック』の
店長となりました!


genで働きだしてから、あっという間の出来事で今の状況に自分が一番驚いてます(笑)


カフェ日月では毎日十種類前後のおかゆぱんをメインにおかゆぱんのハンバーガー、マクロビデザート、マクロビドリンクなどをお出ししています。



『日本初!おかゆぱん専門店』


にまさかまさか、
自分が関わるとは…(; ̄ー ̄A



ただただおかゆぱんが大好きで、今も毎日が格闘の日々です。


マクロビオティックの具体的な知識とか経験とか、本当に乏しいというかほとんどないんですが、



おかゆぱんを作る時は
『一振り一振りに想いをこめて』



料理をお出しする時は
『今自分にできる最高を目指して』



一つ一つ向き合っています。


三歩進んで二歩下がりながらですので、足並みはゆっくりですが、少しずつ日月とともに成長していきたいなぁ~といった感じです。



どうぞ今後ともよろしくお願いしますm(__)m

おばぁのひとりごと1

初めまして!おばぁです。

玄ノ里ブログに初めて参加させていただきますね。
私は玄ノ里ができる前から、玄ノ里の人達の事を応援し、見守っていました!

とてもエネルギッシュで、どんな事でも全力で一所懸命な彼らの事がとても面白く 頼もしく感じております。

玄ノ里やスタッフの日常を記録として、書き留めれればと思っております。
時々、ホントに時々ですが、参加させてもらいますね。

前置きが長くなりましたが…。

最近は信州でも春のように暖かい。
ポカポカ陽気に冬に溜めたものの排毒も加わり うつらうつら。

そんな寝惚けたおばぁの頭に衝撃が走りました。

なんと、
『玄ノ里 四賀食養所』 設立!!案?

確かに、春には引っ越すかあ~。と独り言を言ってたのを聞いとりました。しかし、遅々として何も進まず昨日まできてました。昨日まで。

本気になるとはこういう事か?!
またもや!
突然降って湧いてきたような話がやってきました。

山から流れる沢付き、二階建て古民家。
田んぼ、畑有り。もちろん動物さん達の広場も!
それも格安!

今は松本市と合併したが、前は四賀村という、自然がたっぷりで、のどかな山あいの村。いい雰囲気の所だね。

おばぁは驚いたねぇ。
こんないい話、早々あるもんじゃない。

でもね、もっと驚いたのは、昨日紹介され直ぐ見に行き、今日も見に行き、

はい、決定!

そして、来週の、月曜日から金曜日までお店休んでスタッフ皆で整備しに行くんだとさ。

決断も早けりゃ 行動も速い。

ワクワクする楽しみな春がやってきそうだね。

がんばれ!玄ノ里!!
プロフィール

玄ノ里

Author:玄ノ里
『玄ノ里』
・マクロビオティックの宿
・マクロビオティック体験宿泊
・マクロビオティック料理教室
・田舎暮らし体験宿泊

http://www.gennosato.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。